情報


 「越後妻有アートトリエンナーレ2006を語る」
 北川フラム/出品作家によるパネルディスカッション

        12月2日土曜日 午後1時〜4時(定員60名)
会場/愛知芸術文化センター12階アートスペース
略歴/北川フラム氏
アートディレクター、 アートフロントギャラリー代表
1946年新潟県高田市生まれ。東京芸術大学美術学部卒業1978年「ガウディ展」を全国
11ヶ所で巡回、80年に「子どものための版画展」を小・中学校中心に全国で巡回。88
年には「アパルトヘイト否! 国際美術展」を全国194ヶ所で巡回、草の根的なプロ
デュースを展開し、それまであまり知られていなかったガウディとアパルトヘイトに反
対する芸術家の動きを日本に紹介した。その他出版から音楽、企画展のプロデュース、
都市・建築・まちくりにおけるアート計画など活動は多岐にわたり、自ら美術・文化評
論の執筆活動も行う。代表的なプロジェクトとして「ファーレ立川アート計画」など。
また、活動の拠点である代官山ヒルサイドテラスはその都市文化への発信に対する貢献
で98年度メセナ大賞を受賞した。1997年より十日町地域ニューにいがた里創プラン事
業総合コーディネーターとして、越後妻有アートネックレス整備構想に携わり、「大地
の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2000、2003、2006」では総合ディレクター

パネラー/高橋伸行、かとうさとる、椿原章代他。
会費/無料


愛知アートコレクティブ5周年交流会 + 北川フラム氏交流会

12月8日が愛知アートコレクティブ設立の日であり、今年で設立5周年を迎えます。
これを記念して12月2日の講演後に 交流会としてのパーティーを行います。
当会はアートの社会的な基盤作り、コミュニティ作りの活動を展開して来ました。それは今後、この地域での特色のあるトリエンナーレの開催をする事、また、アートの社会的役割としてのセラピーを推し進め地域福祉計画などへの参加、法案の確立など多くの課題があります。今後のさらなる活動の形、具体化へ皆様のご理解、ご支援をよろしくお願いします。

時間/午後6時〜午後8時(定員60名)
会場/三井アーバンホテル名古屋1階「Caffe Lento」(旧金屋ホテル)
名古屋市中区東桜2丁目23番地22号(東新町交差点北東角)
会費/5,000円


主催/NPO法人愛知アート・コレクティブ 協賛/名古屋造形芸術大学
後援/愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、(財)名古屋市文化振興事業団
名古屋芸術大学、建築ジャーナル、越後妻有大地の芸術祭実行委員会
※北川フラムさんの講演は無料。講演会・交流会共に事前申込み必要です。
 要予約・定員60名まで。申し込みは愛知アート・コレクティブへ
名古屋市熱田区波寄町14-7エトワール金山106
http://AICHI-A-C.org e-mail:info@aichi-a-c.org
tel 052-882-3174 fax 052-882-3173 


設立の趣旨 設立までの経緯 事業内容 情報 活動報告 A&C掲示板 会員募集 役員一覧 リンク