設立の趣旨


近年、アートNPOに対する関心が高まりつつあります。それは自己目的化した「芸術の為の芸術」の主張が、アートの自立化ではなく衰退の危機へと展開したことにあります。またグローバル化するアートの現状への危機意識への高まりにもあります。元々、経済活動からは程遠いように思われてきたアートの世界。1970年代の「地方の時代」から80年代の「文化の時代」への流れを生み、美術館建設ラッシュに至る。「箱もの行政」への反省もままならぬ間に90年代のデジタル技術の導入に伴う情報化革命に翻弄される。21世紀にはバーチャルな世界へ突入する。その中で大衆民主主義に迎合するフィギュア・アートの出現は消費社会への警鐘に見えます。また文化的成熟度と共に文化産業の発展や、それに関わるアートマネジメントの発生は、芸術と社会を結ぶ新しい仕組みとしての「アートNPO」の登場を必要としたとい言えます。今後 の日本のアートにおいて大切なことは、市民社会の中でアートの位置付けをする事です。自発性や創意が尊重、支援される社会。市民の公共概念と主体性が文化協働作業を通して育成、実現していく社会。多様な立場の人々が理解し、助け合い、連帯する社会を築くことを私たちは目指しています。こうした社会の実現に向けて、そ の中で創造的な多様な課題に取り組む市民活動に出会い、その重要さとそれを支える仕組みが必要だと考えました。そこで、アートやデザインを通して芸術文化活動が発展するために学び合い、アーチストやデザイナーの多様な主体の対話、協働の促進、広域的多面的な経験交流などを行い、地域でのコミュニティがより豊かに展開 するために、福祉の現場でのライフレヴューアート(回想法アート)の導入を始め、企画、支援、調査研究、情報提供、ネットワーク化等の活動を行うことで特定非営利活動法人アート・コレクティブを設立しました。地域での活動支援に力を注ぎたいと考えています。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。

2009年7月29日
愛知アート・コレクティブ/代表 鈴木敏春



設立の趣旨 設立までの経緯 事業内容 日々是美術批評 予定+活動報告 会員募集 役員一覧 リンク

愛知アート・コレクティブ トップページへ戻る
http://www.aichi-a-c.org/Shushi.html
(c)2002 NPO法人 愛知アート・コレクティブ. All Rights Reserved.