『境界なきアート』ボーダレスアートを巡って

2008年6月22日(日)
時間 14:00-17:00
会場 愛知県芸術文化センター12階アートスペース(定員/60名)
講座トーク・ゲスト はたよしこ氏(ボーダレス・アートミュージアムキューレター)+三頭谷鷹史氏(美術評論家)

22 June 2008, 14:00-17:00
AICHI ARTS CENTER, JAPAN

About border less art







現代美術からボーダレスアートへ

1960年代末から70年代初頭にかけ、現代美術は大きな転換期を迎えていた。それは「日本概念芸術」の非物質主義と「日本もの派」の物質主義の対立であった。前者は故・松沢宥、後者は李禹煥氏に代表される作家の動きである。それらは表現論として完成していたが、社会的にはまったく影響力などなく、いわば自閉症的な世界であった。現代美術が難解なのは、自閉的な展開に終始して来たことに一因がある。21世紀に入り、日本の現代美術の流れは、村上隆氏らに代表されるサブカルチュアルなフィギュア・アートの流れと、北川フラム氏の社会や地域に関わるアートの流れに、大きく分かれてきた。またフィギュア・アートは食玩などに代表される商品化という市場原理主義に陥る傾向もあり、アートを志す若い人に屈折を招いているようにも思える。
「自閉症」の問題では遊戯療法の一環としてよく絵画療法が持ち出されるが、アートの世界では常に「福祉」は問題化されることはなかった。ただ山下清などの差別的なアートとしての紹介が常にマスコミなどを通して再生産されて賑わしているに過ぎない。それは差別を固定化したアートの世界として紹介されている。「ボーダレスアート」は新しい時代にあったアートの活動で、境界を越え、地域に入り「ものづくり」として活動することを目的とし、地域で街角で生き抜くことが出来るアートとして登場した。今回、自ら「ボーダレス・アートギャラリーNO-MA」で活動するはたよしこ氏と「山下清論」を出版した三頭谷鷹史氏に話しを伺う。


ゲスト略歴

はたよしこ
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」(近江八幡市)アートディレクター、絵本作家。
1949年生まれ。全国でさまざまなアウトサイダー・アート作品を発掘し、多くの展覧会をキュレーションした。2004年からNO-MAに就任。『私あるいは私』『縫う人』『快走老人録』などの展覧会を企画した。絵本に『ぼくをだいて』(偕成社、1999年)、『そらのたべかたおしえましょう』(すずき出版、2004年)など多数。アウトサイダー・アートに関しては『風のうまれるところ』(小学館、1998年)、『DNAパラダイス』(日本知的障害者福祉協会、2003年)などの著書がある。

三頭谷鷹史(みずたに・たかし)
1947年愛知県生まれ。同志社大学文学部美学卒業。1970年代は美術、写真、演劇、パフォーマンスなどのジャンル横断的表現活動をおこなう。1980年代以降は美術批評を中心に活動し、新聞、雑誌、展覧会図録等に批評文・研究論文を多数執筆。展覧会を多数企画。著書に『富山県立近代美術館問題・全記録』(共著、桂書房、2001)、『前衛いけばなの時代』(美学出版、2003)、『宿命の画天使たち 山下清・沼祐一・他』(美学出版、2008)など。現在名古屋造形芸術短期大学部教授。美術評論家連盟会員。

司会 鈴木敏春[美術批評・アートNPO代表]

後援 名古屋市、名古屋市社会福祉協議会、愛知県社会福祉協議会、愛知県知的障害者生活サポート協会、名古屋造形大学、名古屋芸術大学 (予定)

※会場資料代300円必要。定員になり次第、締め切ります。

申し込み先/NPO法人愛知アート・コレクティブ
名古屋市熱田区波寄町14-7エトワール金山106
tel 052-882-3174 fax 052-882-3173
http://AICHI-A-C.org e-mail:info@aichi-a-c.org





 
http://aichi-a-c.org/katsudo/aac_0806.html
(c)2002 NPO法人 愛知アート・コレクティブ. All Rights Reserved.