ファン・デ・ナゴヤ美術展2008「Hope −社会・地域とアート−」
2008年1月16日(水)〜27日(日) *21日(月,休)
時間 9:30-19:00 [20・27日(日)は17:00まで]
名古屋市民ギャラリー矢田1〜7展示室http://www.gallery-yada.jp/

16-27 January 2008, 9:30-19:00
Gallery Yada, JAPAN

Hope Society / an area and art








参加作家
Alma Quint (フィリピン)、 elememt (埼玉,他)、陳維錚 (マレーシア)、 丸山常生+丸山芳子+Between ECO & EGO (東京,埼玉)、 広河隆一(東京)、チェルノブイリ子供の絵画 (ベラルーシ,ウクライナ)、フタボンコ+とたんギャラリー (東京)、 もじもじピクチャーズ+椿原章代 (ケニア,中国,スロバキア,他)、WAPPA/TAKE BUND+金ちゃんユニット (愛知)

関連イベント

●[ワークショップ]Alma Quint / アルマ・キント
布を素材にして、それぞれの「夢」を形にしていきます。作品は展覧会場に展示され、その後フィリピンに送付。
会場:名古屋市民ギャラリー矢田3階第2展示室
日時:2008年01月20日(日) / 13:00-16:30 / 参加費 :500円 / 参加人数 : 20名
事前受付 : 希望者のお名前・住所・年齢・連絡先・ファン・デ・ナゴヤ美術展ワークショップ希望と明記の上、FAX 052-836-9090、又は住所 名古屋市_________まで送付してください。締め切りは12月9日(日)まで。募集人数が定員になり次第締め切らせていただきます。

●[作品関連パフォーマンス]elememt (黒田オサム・多田恭子)
キーワードは基本的人権。その大切さについて。
憲法によって詳細に定められており、国家といえども侵すことのできない生来の権利。
会場:名古屋市民ギャラリー矢田3階第3展示室
日時 :2008年01月26日(土) / 17:00-18:00(60分) / 料金:無料

●[作品関連パフォーマンス]WAPPA/TAKE BUND + 金ちゃんユニット
日常よく見られる「何かを測定して分類すること」。それらを批判的に捉え直す試み。
会場:名古屋市民ギャラリー矢田4階第1展示室
日時:2008年01月26日(土) / 18:10-18:40(30分) / 料金:無料

●[基調報告と対談]「hope −社会・地域とアート−」
見えないところで日々考える出来事を、丁寧に実現させる。
そうした個々の活動を、「美術」という社会制度の中にいかに取り込むことができるのか。
松永康 (アートコーディネーター)、角田美奈子 (名古屋市美術館学芸員)
会場:名古屋市民ギャラリー矢田4階第1展示室
日時 :2008年01月27日(日) / 14:00-16:00 / 参加費:無料 / 参加人数:50名
当日受付 : 開場10分前より受付

後援 : 名古屋芸術大学
協力 : DAYS JAPAN サポーターズクラブ名古屋、NPO愛知アートコレクティブ、NPO大阪アーツアポリア(中西美穂)、NPO法人広河隆一 非核・平和写真展事務局、岐阜市立女子短期大学、チェルノブイリ絵画展事務局、名古屋デザイナー学院(申請中)_協力詳細
企画 : 椿原章代 (Slipped Disk)/ デザイン : Tenpo (則武輝彦, 溝田尚子)
主催 : ファン・デ・ナゴヤ美術展2008「hope−社会・地域とアート−」実行委員会、(財)名古屋市文化振興事業団、名古屋市/[名古屋市文化基金事業]
名古屋市民ギャラリー矢田
〒461-0047 名古屋市東区大幸南1-1-10 / 会場TEL 052-719-0430
地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」駅下車1番出口すぐ
お問い合わせ 
ファン・デ・ナゴヤ美術展2008 「hope-社会・地域とアート-」実行委員会
TEL/FAX 052-836-9090 http://homepage2.nifty.com/tsubakihara/
名古屋市民ギャラリー矢田_ http://www.gallery-yada.jp/





 
http://aichi-a-c.org/katsudo/aac_0810.html
(c)2002 NPO法人 愛知アート・コレクティブ. All Rights Reserved.